千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院

千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院
千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院
グリーン鳥の動物病院からのご挨拶
グリーン鳥の動物病院の  方針
鳥さんをお連れになる際の注意
グリーン鳥の動物病院の  予約の仕方

千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院
鳥の動物病院診察案内
鳥の動物病院設備案内
鳥さんの健康チェックシート
当院でお出しできるフード
当院でよく行う検査

千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院
鳥さんの飼い方について
体重について
サシエの仕方
人獣共通感染症
アスペルギルス症について

千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院
グリーン鳥の動物病院の  院長・スタッフ紹介
鳥に関するよくある質問
グリーン鳥の動物病院の  ペット達
リンク集
お問い合わせ

千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院


千葉県 動物病院 鳥 グリーン動物病院

鳥の検査について
病院で健康チェックなどの血液検査は出来るか、そ嚢検査は出来るか、飼い主さんにお問い合わせを頂くと、当院では「必要であれば、します。」とお答えしますが、病院に連れて行く前に具体的に知りたいのは当然のことだと思います。まして小さい鳥の場合、病院で何が出来るのかいろいろ不安を感じると思います。そこで、簡単にですが、当院で実施している検査について書かせていただきます。
まず、検査の前に、動物を診るという事が第一です。問診、視診、触診が一番重要です。
この後に、何の病気が疑われ、何の検査が必要かが決まります。そして、何らかの検査が必要と判断されれば、獣医師が、疑われる病気、必要な検査について説明し、鳥さんの状態や性格なども踏まえ、飼い主さんと相談してから、行います。初診時に全ての検査を行うわけではありません。費用のことも、先にお話しするようにしています。

糞便検査
糞を顕微鏡で見ます。
カンジタ、AGY(メガバクテリア)、細菌そうのバランス(1つの細菌だけが増殖していないか)、原虫(トリコモナス、ジアルジア、ヘキサミタ)、コクシジウム、寄生虫卵などの有無

そ嚢検査
粘液、ガスの有無が視診で認められた、あるいは症状から必要と判断されれば、行います。金属製チューブを使い、そ嚢液を採取します。
ラセン菌、カンジタ、原虫等の有無 

血液検査
例えばセキセイインコでは、0.3ccを頚静脈から採血し、血球数の計測や生化学検査を行えます。貧血の有無、肝臓、腎臓などの内蔵機能を把握することが出来ます。

レントゲン検査
外からは見えない骨や臓器を確認できます。骨折、卵塞、気嚢の                               状態などを知ることが出来ます。造影剤を使って消化管の状態、通過を見ることが出来ます。

エコー
軟部組織の診断に用います。レントゲンと違い、臓器の断面を確認することが出来ます。カラードップラーで血流を観察することも出来ます。

細菌同定・抗生物質感受性テスト
当院では、外部の鳥専門検査センター(CBL:Companion Bird Laboratories)に検査を依頼します。例えば、糞や、そ嚢液、鼻腔洗浄液などを採取して、細菌同定などが出来ます。

遺伝子検査
CBLに検査依頼します。オウム病(クラミジア症)、アスペルギルス症、PBFD,パチェコ病、BFD、マイコプラズマ病、クリプトコッカス症などを糞や血液で調べることが出来ます。

鳥の検査について
人獣共通感染症であるオウム病などは、糞でも遺伝子検査が可能なので、検査希望の方はご相談ください。
当院では、入院する鳥には、必ずオウム病の検査をしていただいています。これは、院内感染とスタッフへの感染を防ぐためですのでご了承ください。

COPYRIGHT(C)2006-2007 大切な鳥さんをいつまでも元気に グリーン鳥の病院 ALL RIGHTS RESERVED.                       千葉県 動物病院 鳥